赤い日記帳

愛がいつまでも燃えるように好きなもののことだけ書いて行く日記

若里春名くんを褒めたい

 はじめまして。毎年密かに楽しみにしていた#YOME_LOVEに初めて参加させていただきます!よろしくおねがいします。

2015年、1番好きな私の担当アイドルについて書かせていただきます。


先日12月6日にアイドルマスターSideMというゲームの、ファーストライブが開催されました。

ここで話したいのは、このライブにも出演していた若里春名というキャラクター。私の担当アイドルです。

本当にひとめぼれだったのですが、気づけば彼のためにガシャを回し、アイテム課金し、声優さんが決まればCDを複数買いするようになっていました。最初は他のアイドル(あまとう)目当てで始め、進め方もよくわからないまま(理解しようともしていなかった)だったのが、春名のSRカードのためにイベントの走り方を必死に勉強し、強いデッキを作ったりと、気づけばゲームを楽しんでいました。今では次のイベント、ハイジョ来ないかな?と思うくらい。立派にソシャカスヘ変貌していました。人生何があるかわからないですね。

 

ほめたい!


今回春名の何を語ろうかとしばらく考えていたのですが、理由あって春名の好きなところのいくつかを褒めていくことにしました。

まず、理由の一つとして、春名をプロデュースしているとアイドルなのに、この子かなり自己評価低めだな…?と感じることがいくつかありました。

最初に感じたのが、同じユニットの榊夏来くんとの会話。

春名「ナツキは格好良くていいよなー。」

夏来「…もっと自分に自信を持ったら?」

そして、

…オレのファンも増えちゃうかもな!…なーんて。
天才高校生ドラマー、カレーにデビュー!…なーんて。

という、何か大きなことを言ったあとに付け加えられる「なーんて」の一言。

アイドルがすべて自己評価高いとは良いませんが、多少なりとも自信はあると思うんです。容姿でも歌でもダンスでもトークでもなんでもいい。特に春名は、「イケメン」と紹介されたり、女の子にモテる描写があるので、アイドルとしてならかなりプラス要素なのに、どうしてなんだろう?と引っかかり、自分なりに考えてみたところ、もしかしたら彼は自分に自信がない、もしくは持てないんじゃないかなー?という考えに至りました。

もう一つは、年に一度行われる総選挙。

春名は第一回も第二回も7位でした。1位から5位入賞者までで行われるスーパーライブイベントには参加することができません。そして、春名のユニットHigh×Jokerからは、唯一、春名のみが一度もスーパーライブに参加できないことになっています。

7位、素晴らしい順位です。でも、ユニット内で春名だけライブを経験できないということを考えた時、春名はどう思うのだろうなと想像したら、Pとして、すごく悔しくなってしまったのです。もっと投票すればよかった、いっぱい宣伝ればよかった。春名はきっと、他の四人が上位になるのを自分のように喜ぶだろうけど、その代わりにもしかしたら自信をなくしていってしまわないだろうか?って。(こればかりは完全に私の想像なので解釈違いもいい所だとは思いますが…)

そういったことから、ぜひとも、彼に自信を持ってもらいたい!よし、いっぱいほめよう!と、思い、今これを書いています。

ついでに様々なの方に春名やMマスについて興味を持ってもらえたら最高だなーと思います。


まず、ここにネットで読める春名君のインタビューや、SideMの記事を貼っておきますね。

『アイドルマスター SideM』現役高校生バンド“High×Joker”にインタビュー! - 電撃App

5年の歳月を越えて夢見た緑の星雲。「THE IDOLM@STER SideM 1st STAGE〜ST@RTING!」夜の部ライブレポート!|リスアニ!WEB


褒めたいポイントその1

・アイドル楽しんでいる

「楽しいことがないなら、自分で作る!」

履歴書に載っている、春名の座右の銘です。「楽しいことがない」状態を経験しているからこそでた言葉だと思うのですが、春名は楽しいことを作り出すのが得意なような気がします。

もともと、春名は軽音部も、アイドルも、志望していたわけではありません。3度目の留年回避のために部活に入り、その成り行きでアイドルになりました。嫌々やっていたわけでは決してないのですが、突然アイドルになると言われてももしかしたらピンとこなかったかもしれません。バイトもあるし、勉強も人一倍しなきゃならない、そこにアイドル活動が入るのは大変だったと思うんです。それでも、

【ホワイトデー2015】ここからでもお客さんの興奮がすっげぇ伝わってきて、どんどん体が熱くなってくる。あー、やっぱりライブって、めっちゃ楽しー!!

だったり、

【Full Throttle】ここで華麗にターンってね!へへ、だいぶ上達してきたろ?もともと自信あったけどさ、みんなが練習に付き合ってくれたおかげって感じかな。

だったり。

High×Jokerとしてのライブ、他のメンバーとのライブ、ダンスイベント…いろんなアイドル活動をしていくうちに、様々な経験をして、春名がアイドル楽しい!と思っていくのがわかります。

ドラムはアイドル以前からやっていたとしても、ダンスや人前で歌ったりするのはアイドルになってからはじめたこと。勉強もバイトもしながらアイドル業をするのは楽しいことばかりではないだろうに、春名は眩しい笑顔で、ときには真剣な表情で「アイドル」をやって、楽しんでいます。とても嬉しいです。なんだって楽しもうとする姿勢はえらい!

そして、ついに今年の夏、CDデビューしたときのセリフがこちら。

f:id:psupmmw1:20151209234241j:image

所属1周年のコメントでも、

f:id:psupmmw1:20151209234300j:image

と言っています。
アイドルを楽しんでいる春名、最高に輝いていてるよ!



褒めたいポイントその2

・みんなのお兄さん

春名のユニットHigh×Jokerは、同じ高校の軽おんぶに通う五人で結成されたバンド。春名は留年していることもあり、この中では最年長です。それぞれ個性バラバラの五人、春名はその中ではお兄さんポジションについています。
特に好きなのは、CDに入っているドラマの中でのセリフ。
はいはい、よしよし。ケンカはしないで仲良くやろうな。
オレたち、やればできる子だもんな。
どちらもメンバーに向けていっているものですが、「よしよし」とか、「やればできる子」という言葉のチョイスがもう!たまりません!
メンバーのことを年下の子たちかわいい~みたいに思っているのでしょうか。なんというか、子供をあやすような…かわいい…ハイジョーカーかわいい……。言い方も本当にお兄ちゃんのようで、ついついそこばっかり聞いてしまいます。白井さんありがとう。

柔道大会イベントで、「いつになく大人気」で嬉しそうだった春名を思い出します。
f:id:psupmmw1:20151209234322j:image f:id:psupmmw1:20151209234336j:image
あ、よしよし言ってる

普段勉強の面で頼りっぱなしのメンバーに頼られて、嬉しそうな姿が印象的なイベントでした。



褒めたいポイントその3

・Pとの距離感

f:id:psupmmw1:20151209234349j:image

ある日マイデスクコメントを見て!?となりました。寝癖を、春名に直してもらえる!?

(春名は特技:ヘアメイクのキャラです)

こういうの、夢小説を読んで育ち乙女ゲームも好きな私にはたまりません…アイドルは恋愛禁止だしMマスはあくまで純粋にアイドルプロデュースで楽しんでいるのであれなんですけどテンション上がります!

その他には、甘酒くれたり、

f:id:psupmmw1:20151209234412j:image

ドーナツくれたり、

f:id:psupmmw1:20151209234432j:image

ドーナツくれたり、

f:id:psupmmw1:20151209234457j:image

コーヒー飲めないの相談してきたりします!

f:id:psupmmw1:20151209234525j:image



信頼度MAXのセリフもたまりません。

プロデューサーってさ、なんか…オレにとってはアニキとかアネキみたいな感じ、って思うんだ。
オレ、1番年上だけど中身はまだまだだからさ…プロデューサー、頼っていいよな?

普段はお兄さんだけどPには甘えてくるというか、そういうところが年相応でかわいいなぁ〜とついつい思ってしまいます。 どんどん頼ってくれていいんだよ。春名みたいに素直でかわいい子がPは好きです



もっともっとほめたいところはたくさんあるけど、とにかく、春名はもっと自信を持っていいなと、思うのです。ただ単に謙虚だったり、鈍感なだけかもしれないけど、春名はキラキラ輝くアイドルです。

12月6日、あのファーストライブの舞台に、担当アイドルが立っていて、あんなに嬉しいと思ったことはありませんでした。声優さんのライブだったけど、そこにはジュピターが、ドラスタが、Beitが、Wが、S.E.Mがいました。High×Jokerももちろんいました。バンドを結成して初めて作った曲を、なんとセトリの2曲目に(ユニットで1曲目)、切り込み隊長として披露していました。Joker↗︎オールマイティでは、赤いサイリウムでいっぱいの会場が「春夏秋冬四季おり!」と彼らの名前をコールしました。その曲のラストで、春名はドーナツを食べるフリをしてカメラにピースしたのです。留年してようが、バイトを何個も掛け持ちしてようが、その姿は紛れもなく、正真正銘のアイドルでした。ライブ終了後の楽屋で、感動で胸がいっぱいになるHigh×Jokerのメンバーに、「今日はお兄さんの胸で泣いていいぜ」という春名、めちゃくちゃかっこよかった!えらい!!


最後に、High×JokerのCDの宣伝をして終わりにしたいと思います。ありがとうございました!


アイドルマスター SideM THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE-04 High×Joker

アイドルマスター SideM THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE-04 High×Joker